上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豪定本 ザ・ディープ・コリア

私が日参しているブログの一つにmumurブルログというブログがある。
韓国に興味がある方なら説明不要なほど有名だろうと思われる。
最近、mumurブルログに「ディープコリア」が取り上げられることが多い。私の愛読書でもあり、盛んに取り上げられている「フリチン」のくだりを当ブログにアップしてみる。

ディープコリア

大韓人に、
日帝36年!!

-----------------と、大上段にふりかざされると
日本人は贖罪意識にかられ目の前が曇ってしまう。

しかし、ふりかざした相手の下半身をよく見るとフリチンだったりするのだが
大部分の日本人は見なかったり、見てないフリをしてしまう


が、積極的にフリチンに着目し、キン玉の皺から半島を語ったのが本書です。

(ディープコリア冒頭より)



数多くある、保守系ブログ(?)の中では、mumurブルログは、主張、見識、テーマにおいて非常に群を抜いた存在であり、明らかに他とは違う光芒を放っていると私は個人的に思っている。また同じように思っている方が数多いからこそ、あれだけのアクセスを集めることができるのであろう。

実際のところ、韓国にいる者としては、「それチョット違うよな?」と思わされるブログも少なくない。(特に政治論説系)
しかし、mumurブルログは本当に「韓国、韓国に纏わるモノ」を的確に捉えていると感じるのである。住んだことがあるのでは?とすら思えてくる。そして「韓国」を的確に捉えているからこそ、どちらかというと日本のマスコミの欺瞞、日本のペテン師に限りなく近い知識人・・・・といった「ダブルスタンダード」的なモノにフォーカスすることが多いのではないか、と思っている。

冒頭にも書いたが、mumurブルログでは「ディープコリア」が取り上げられることが時々ある。この1点だけ取ってもいかにmumurさんの韓国に対する造詣がいかに深いかが推察される。

この本は韓国の本質をえぐりにえぐりだした傑作古典である。私も韓国本は切実な必要性からありとあらゆるものを貪るように読んだという自信があるのだが、今だかつてこの本を超えるものには出会っていない。

例えば、ちょっと前に韓国在住者が韓国の日常を綴った人気ブログが本になったようだが、あのようなものを読んでも韓国の日常、あるいは本質には一切触れられないと思われる。決して筆者に非があるということを言いたいわけではない。どちらかというと韓国という国に非がある。

韓国を気真面目な活字で語ると、どうしても違和感があるのだ。最低でも、ある種くだけた文体が必要になってくるのではないかと思われる。例えば産経新聞の黒田さんは等身大の韓国を語るときにはユーモア溢れるエピソードを添えてくだけた文体で韓国を語っている。

黒田さんはその立場上、上品なユーモアで韓国を包んでしまうのであるが、「ディープコリア」は、生生しい韓国を遺憾なく読み手に伝えてくれる。理屈抜きのバカバカしさが迫ってくるのだ。もちろんかなり昔に書かれているのでそれを杓子定規に現在の韓国に当てはめるとブレが生じる。が、しかし本質は一緒である。どうも韓国にいると「理屈抜きのばかばかしさ」が欠けた韓国はどうも違う国に感じてしまうのである。


ディープコリア


金日成が4千4百万人いるのが大韓民国であり、二人しかいないのが北朝鮮なのである。

(ディープコリアより)



banner_02.gif
↑クリックで応援をお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://stereo555.blog66.fc2.com/tb.php/9-c1848436
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。