上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【社説】韓国まで世界の仲間はずれにするつもりか(朝鮮日報)

 盧武鉉大統領は9日、在モンゴル韓国人との懇親会で「いつ、どこで、どんな内容でもいいから(金正日総書記に)会って話し合おうと数十回伝えた。(北朝鮮に)多くの譲歩をしようと思う。制度的、物質的な支援は条件を付けずに行いたい」と話した。大統領は「韓米合同訓練が、北朝鮮の目には気掛かりのようだ。ただの言いがかりの可能性もあるが、実際に不安に思っている可能性もあり、事情は単純ではない」と話した。

 大統領が、条件を付けずに南北首脳会談を開いて北朝鮮への大規模な支援と譲歩を行うことをほのめかすのは、以前にはなかったことだ。この2項目について話すときには「北朝鮮の核問題で解決のめどが付けば」という条件が付いていた。何がどう変わったのだろうか。

 大統領の言葉通りなら、何としてでも南北首脳会談を行うという意味になる。大統領が「条件なしに」会おうといったからと言って、任期も残りわずかの韓国大統領と金正日総書記が「条件なしに」会うはずがない。対価として、前回の4億ドル(約445億円)を大幅に上回る額を提供しなければならないかもしれない。しかしこうした途方もない取り引きを国民はもうこれ以上受け入れたくない。大統領が地方選挙を前に、支持層を固めるのに利用しているのではないかとの意見もある。もし大統領がそんな考えでいるなら、有権者の心を完全に読み違えていると言っていいだろう。

 北朝鮮の人権と偽造紙幣の問題に的を絞った米国主導の北朝鮮を圧迫する動きが続いている。しばらく前には、韓国の「無分別な」北朝鮮支援が金正日体制の維持につながるだけだという非難の声も上がった。大統領はこうした国際社会の潮流と正反対の方向へ進もうとしている。韓米合同軍事作戦に言いがかりをつける北朝鮮の事情に理解を示すかのような発言を見ると、意図的に米国に刃向かおうとしているかのような印象も受ける。

 大統領のこうした処方への反応はどうなるだろうか。明らかに米国と日本は冷淡なことだろう。中国も少なくとも大歓迎はしないだろう。結局大統領の新提案は、北を捕まえようとしているうちに、韓国まで世界の仲間外れとなる結果をもたらす。「同じ民族同士」を叫ぶうちに、共に国際社会で孤立することになるだろう。

 大統領の思惑通りに事が進み、金正日総書記に条件なしで会えることになったとしよう。その場合、その席で核・偽造紙幣・人権問題が解決される可能性はゼロに近い。大統領の唐突な提案の真意は、どこにあるのだろうか。


「大統領が変わらないうちは、ダメだ」
ここ1年くらい、韓国でこんな話を良く耳にする。

現大統領「盧武鉉」への私のイメージは「書生」である。
青臭く、時に自分の感情を抑制できない。言うことは景気が良いが、実務遂行能力は限りなく低い。極論を言えば大統領就任以降、彼は何もやっていないに等しい。低い支持率は盧武鉉大統領に対する韓国人の気持ちを正確に表している。

前大統領の蒔いた種(ITやエンターテイメント)が発芽し成長しつつあるのとは対照的に、彼は大韓民国に対して何をやったのか皆分からないし、何をやりたいのかも分からない。いや一つだけあった。富の再配分、つまり金持ちの頭を抑えることに躍起になっていることぐらいか。

無能な人間は、現実から逃れる為、しばし「精神的」世界へと自分を逃亡させる傾向にあることは、よく言われることである。理念・精神を声高に主張することで、己の無能さから目を逸らす。

「民族統一」という甘美な響きに酔いしれたいという欲望を、自分自身でどうにもコントロールできなくなるとき、現実感の乏しい方向へ逝ってしまうのだろう。苦学に苦学を重ねた清廉潔白の正義の弁護士のままでいたほうが、彼には相応しかったのではないか。


banner_02.gif
↑クリックで応援をお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://stereo555.blog66.fc2.com/tb.php/5-17a320b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。