上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月15日、すなわち終戦記念日は韓国では光復節とされ、韓国において数少ない祝日の一つだ。
テレビをつければ朝から韓国大統領が物々しく何かの式典をしたりもしているが、普通の人々にしたらサマーシーズンの貴重なお休みである。多くの韓国人が海へ、川へ、山へ、プールへとワラワラと向かい、夏をエンジョイしようとする日である。

そんなサマーバケーションの日に日本国の小泉首相が靖国神社へ参拝に行ったらしい。そしてどうやら韓国政府は日本を非難したらしい。恐らく街角の一般的韓国市民もカメラの前で「日本はケシカラン」と声を張り上げるだろう。しかし、はたからみると8月15日の韓国は、全体的には恋人やら友達やら家族やらとピークを迎えた「夏」を楽しむのに忙殺されているようにみえる。

「なになに? 日本のコイズミがヤスクニに行った?  それはケシカラン!  

・・・・感想はこんな感じでもういい? じゃ、今日は山に遊びに行かなきゃならないんで、それでは!!!  あっはっははh? 」

というのが、私の中での本日の全体的な韓国人のイメージである。

どうも日本のマスコミは過敏なのではないか。
靖国問題が無くなると、飯のタネや職を失う人が多くいるのではないかという疑惑さえ感じる。中韓がイチャモンつけたところで、何もそんなに騒がなくてもねぇ。

近年、韓国にちやほやされる日本の左派知識人、つまり「反国家」日本人と韓国のナショナリズムとの共鳴が強まり「日韓問題」が「日日問題」の様相を帯びてきていると言われているが、きっと靖国もその中の一つだということなのだろう。

小泉首相は、8月15日にした理由について「15日を避けても(中韓などの)批判、反発は変わらない。いつ行っても同じだ。ならばきょうが適切な日だ」と語ったらしいが、下手に普通の日にするよりも、韓国的には真夏の大行楽日である15日に行ったことで韓国からの騒音は比較的少なくなったかもしれず、別の意味で適切な判断だったかもしれない。中国はどうだか知りませんが。


ところで靖国参拝に関しての私の考えは、自国の為に命を捧げた戦没者に対して、日本人として、国家として追悼を捧げるのは当然だと思っている。それが中韓が反対したというだけで追悼をやめてしまっては余りにも英霊達が哀れである。国の為に散っていった先祖に申し訳が立たない。

さらに言わせてもらうと、韓国には日本のことをとやかく言う資格は無いと思っている。
韓国にも国のために命を捧げた戦没者を追悼する日がある。6月6日の顕忠日(戦没者追悼日)は大統領も参列して国を挙げての追悼式が実施される。

当然ここには、ベトナムで暴虐非道の限りを尽くした韓国人兵士も含まれていることだろうと思われる。

韓国が、日本が自国のために命を捧げた戦没者を追悼し、平和の誓いをすることにイチャモンをつけるならば、韓国は自らの6月6日の顕忠日を即刻廃止すべきである。

本当に身勝手な国だ。


banner_02.gif
↑応援クリックをお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://stereo555.blog66.fc2.com/tb.php/25-505d2e38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。