上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国は、民主主義ではなく民族主義だと揶揄されることがある。
自民族への強烈な自画自賛は、コンプレックスの裏返しであることは百も承知なのだが、それでも他民族である日本人の私にとっては、うんざりし、疲れてしまうことも多い。

韓国に住む外国人は日本びいきが多い。彼らも、韓国の自民族礼賛主義に疲れ、呆れ、うんざりしている中で、日本人に同情的見方をしてくれる人が多いのである。また、私の経験上、という狭い範囲ではあるが、韓国に来る前は日本にいた外国人は100%日本びいきである。

産経新聞ソウル支局長の黒田勝弘氏の本にこんなくだりがある。


彼女(フリーのライターで在韓歴十年の伊東順子さん)の韓国最新レポート『病としての韓国ナショナリズム』(洋泉社新書)は、韓国人の閉鎖的な民族主義感情を日本人ではない中国人、インド人などの他のアジア人や西洋人の韓国体験を紹介することで興味深く分析した出色の内容である。

たとえば日本体験もある英語講師の在韓英国人が、韓国社会に疲れたあげくつぶやいた

「日本の植民地支配があと五十年続いていれば韓国はもっとまともな国になっただろう」

というセリフを紹介しながら、次のように書いている。

「韓国に住む西洋人が日本びいきになるのは、なにも日本人の礼儀正しさや先進国としての便利さだけが理由ではない。実のところは、韓国人の自民族礼賛主義に嫌気がさし、そこにレイシズム(人種差別)ににおいを感じた西洋人たちが、韓国人の国民的嫌悪の対象である日本に同情・共感するといった構図が一般的である。」

黒田勝弘著 日韓新考(扶桑社文庫)より抜粋引用

実はこれでも、韓国社会においては西洋人や日本人は高待遇な方なのである。中国人や東南アジアの人々などなどは、本当にひどい蔑みを受けている。

「行き過ぎた民族主義は、レイシズムを助長する」

私は、韓国でこのことを実感してやまない。

「我々は差別されている!」と日本に向かって叫ぶ前に、日本の何倍も差別的社会である自分たち韓国社会を何とかしたらどうなのだろうか。


banner_02.gif
↑応援クリックをお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://stereo555.blog66.fc2.com/tb.php/24-a053fb66
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。