上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やや古いニュースで恐縮ではあるが、積水ハウスの営業マンが訴訟を起こしたとのニュースがあった。


在日差別発言で顧客提訴 積水ハウス、社員を支援

大手住宅メーカーの積水ハウス(大阪市北区)に勤務する在日韓国人の徐文平さん(45)が31日、「差別発言で傷つけられた」として、大阪府内の顧客に300万円の慰謝料と謝罪広告の掲載を求め大阪地裁に提訴した。
 積水ハウスは「雇用管理や社会的責任の観点から支援していく」として、訴訟費用の負担や、裁判に出席する間を勤務時間と認めるなどの措置を取る方針。原告側代理人によると、社員が受けた差別発言をめぐり企業が訴訟を支援するのは異例という。
 訴状などによると、徐さんは昨年2月、顧客の男性が所有するマンションの修理などについて説明に行った。漢字やハングルで併記された名刺を差し出すと「北朝鮮にいくら金を送っているんだ。おまえのような人間がいるから拉致問題が起こるんだ」など、仕事と関係ない発言を約2時間繰り返された。(共同通信) - 7月31日13時19分更新

http://blog66.fc2.com/stereo555/admin.php?mode=newentry

そもそも「日本」で営業活動するのに何故ハングル表記が必要なのだろうか。私は韓国では、漢字・ハングル・ローマ字の名詞を使用している。当然のことながら「ひらがな」の表記はしていない。こんなことは当たり前の話だ。民族文字に誇りを持つのも結構だが、常識を逸脱しているとしか思えない。

韓国では「日本人」というだけで、差別、場合によっては罵倒・侮蔑に近いことを受けることは普通にある。「日本人」というだけで嫌悪感をもろに顔に出されることなどは日常茶飯事だ。こんなこと(上記の積水ハウスの件)ぐらいで、訴訟してたらきりが無い。

そういえば、在韓日本人が韓国で受けた数多くの差別は、一体誰が取り上げてくれるのだろうか? 

日本において「韓国人お断り」という店は差別だが、韓国において「日本人お断り」という店は差別ではないのか?

日本において「韓国人は入居拒否」は差別になって、韓国において「日本人は入居拒否」は差別にならないのだろうか?

差別に敏感と云われるジャーナリズム宣言のA新聞だったら、いつかは取り上げてくれるかもしれないが、一向にその気配はない。それとも日本人は差別されて当然だと思っているのだろうか。

韓国は民主主義ではなく民族主義だと揶揄されることがある。
行き過ぎた民族主義は一方で異物に対する強烈なレイシズムを生む。韓国の民族主義に辟易し、レイシズムを感じているのは、在韓「日本人」だけではない(この辺は後日に書こうと思う) 強い民族意識がもたらすレイシズムは、自分同様に他人もレイシズムを持つと考え、自己防衛本能として、時に過剰に、被害妄想が強くなる。

つまり韓国人は自分達があからさまに人種差別をするが故に、ちょっとしたことでも自分達は差別された、と勝手で敏感で異常な被害妄想を発揮するということだ。

最後に、営業先のいち個人を会社ぐるみで訴えるという暴挙に出た「積水ハウス」という会社の神経がちょっと信じられない。
将来、家を建てる際には「積水ハウス」で建てることは絶対にないだろう。揚げ足を取られたり、妙なイチャモンつけられて訴えられても困るので。

banner_02.gif
↑応援クリックをお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://stereo555.blog66.fc2.com/tb.php/23-fa89310d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。