上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本人が逆立ちをしても、絶対に韓国人に勝てないことがある。

それは接待である。

001
朝鮮日報のイラストより
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/12/15/20051215000043.html
 

食事、酒、女・・・・ これでもか!というぐらい怒涛のようにあてがわれる。当然、そのような文化を満たすに十分な体勢が整っている。つまり欲望に満ち満ちた夜の産業がお盛んなのだ。「夜を語らずしては、韓国を語る無かれ」と、断言できるほど、韓国を語る上で重要な要素である。

現在、ネット上では、俗に言う「嫌韓」の日本人が増えていているように感じる。私が思うに、その「嫌韓」の日本人の男性10名が、韓国にて韓国流の怒涛の接待を受けた場合、少なくとも5人は嫌韓では無くなるであろうと予想する。また少なくとも8人は、再度韓国に来たいと思うであろうことは間違いない。それほどまでに韓国の接待術は優れていると言わざるを得ない。また、おとなしくて生真面目な民族特性を持つ日本人は、韓国人には組し易い相手でもある。

実際、出張等で来る日本人ビジネスマンには、韓国好きな人が多い。しかも年齢が高くなればなるほど、その傾向が顕著になる。日本ではうだつのあがらないオッサンでも、あてがわれた情に厚い韓国女性は精魂尽くしてくれる。しかも芸能人なみのルックスとスタイルを兼ね備えた美人だったりする。骨抜きになるのも当たり前といえば当たり前かもしれない。さらに韓国では、薄れつつあるとはいえ、年長者を敬う風潮が日本とは比較できないほど濃厚に残っている。もしかしたら日本のオッサンにとっては天国に近い場所かもしれない。

接待文化は日本でもあることはあるが、韓国のそれは桁が一つ違うように思える。
また特徴的な点としては、「あからさまに」女性を半ば「道具」としてみなすことであり、このようなことは日本でもあるのかもしれないが、韓国のそれは桁が5つぐらい違うように思える。

女性を、接待をはじめとして「道具」として使う韓国の文化・習慣を目の当たりにすると「従軍慰安婦」などは、単に言い掛かりに過ぎないということは、火をみるより明らかである。当然のように性産業は巨大産業であり、国内のみならず、日本、米国などへとその勢力を伸ばしている。

日本の高名なフェミニストが責めるべきは、旧日本軍ではなく「韓国の文化・習慣」なのであり、日本の高名な新聞が責めるべきは、旧日本軍ではなく「韓国の文化・習慣」なのではないだろうか。


banner_02.gif
↑応援クリックをお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://stereo555.blog66.fc2.com/tb.php/19-210b596a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。