上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発言は「予想通り」 韓国メディア

【ソウル29日共同】韓国メディアは29日、韓国人拉致被害者、金英男さん(44)の記者会見について、拉致を否定したことに重点を置き「予想通り、北の立場を外れなかった」(韓国日報早版)などと伝えた。
 ソウル新聞早版は「北へ行った経緯すら、うそで飾るほど言動の自由が制限されている」と指摘。聯合ニュースは「証言を聞くと、今も南北間には越えられない壁があることを切実に感じずにはいられない」と現実を嘆いた。
 KBSテレビも「拉致でないとの証言は額面通り信じるのは難しい」と指摘。北朝鮮の体面を傷つけずに拉致問題の現実的解決を図るため英男さんの主張に反論するのは望ましくないとの雰囲気が韓国政府内にあると伝えた。
(共同通信) - 6月30日0時6分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060630-00000001-kyodo-int

金英男さんの記者会見を見た。予想通り全くの茶番であり、どちらかというと、この会見の為にどれほどの練習をしてきたのだろう?という演劇を観るような視点で眺めていた。拉致被害者家族の方に心から同情の念を覚える。

韓国は日本の拉致問題について全く関心がないといっていい状況であった。しかし、横田滋さんが韓国を訪問し、日韓の拉致被害者の連携を訴えたりした影響で徐々にではあるが浸透してきたように思える。今回の金英男さんの会見に至っては、こぞってトップニュース扱いになるまでになった。しかし、新聞、テレビは確かに報道してはいるが、一般の韓国人がこの問題に大きな関心を寄せているとは思えない。

我が民族に多大な苛酷な仕打ちをしてきた日本人が、たった数十人が拉致されたからといって、同情する気など起こらない。と思っている韓国人も多いかも知れない。太陽政策に好感を持つ人たちは、北朝鮮を刺激したくないであろうし、ましてや日本の肩を持って、同じ民族である北朝鮮を非難することなど絶対にありえない。

今回の件も、将来統一するかもしれない、同胞である北朝鮮が、未だこのような自由に発言できない国であることへの再確認と失望が、ニュースの題材になったわけで、拉致被害者への同情や北への怒りが主題になっている感はない。ましてや日本人拉致被害者については、全くの蚊帳の外である。

韓国内には朝鮮戦争の影響で、北が故郷であるのに、38度に線が引かれてしまい、韓国に取り残された人も少なくない。離散家族は一番悲惨な例であるが、一家・一族ごと取り残されたりと、この辺の事情は複雑である。そういう人たちが故郷の味を生かして、北の名物料理である冷麺などの食堂を営んでいることも少なくない。そして故郷の味を懐かしみ、好んで北が故郷の韓国人が集まってきたりする。

実際の知人にも、北が一族の故郷だという人が少なからずいる。ある知人は朝鮮戦争のドサクサで、38度線が引かれたときに、たまたま南にいたらしい。「(韓国で)ラッキーでした。北にいたら大変でした」と笑いながら話すが、日本人の私には、彼の心の深淵にまでは踏み込めない話である。

今回の件が、日本でどのような報道をされているのかは、よく分からない。ただ以前、「日本と韓国が協力して拉致被害の解決を」というようなお気楽な記事を見たことがある。韓国は「日本」の拉致被害者には関心がない。ポーズとしてはあったとしても、彼らにとっては、はっきり言ってどうでもいい問題である。韓国なんかを当てにしていたら、いつか日本が馬鹿をみる日が来るだろう。


banner_02.gif
↑応援クリックをお願いします。

0110.jpg

スポンサーサイト
W杯はまだまだ続いているのだが、ここ韓国では、まるで10年前に終了したイベントのような無関心さで覆われている。自国が負けると、こうも急に興味がなくなるものなのか、と逆に感心してしまうほどの無関心さである。

かろうじて、韓国の英雄ヒディング監督率いるオーストラリア、誤審(韓国人視点)で韓国の決勝トーナメントを阻んだ憎きスイス、に興味があるようだったが、両者姿を消したとあっては、観客の全くいない「Kリーグ(韓国サッカープロリーグ)」に毛が生えた程度の関心しか払われていない気がする。

日本人の中では、例えば「フランスvsスペイン」というカードに心躍る人も多いと思う。私もその内の一人である。しかし韓国ではそういう人はかなり珍しいのではないかと思われる。韓国人は、フランス→今回、ウリ(我々)が引き分けた国、スペイン→4年前にウリが勝った国、という切り口から思考回路がスタートする人がかなり多いからだ。

もっとも、他国同士のチームに興味を持つのはグローバルスタンダードではないのかもしれない。サッカーがスポーツ以上の意味を持つ国、韓国のような国の方が多いかもしれない。

無邪気に強豪国同士の対戦を愉しめるということは、いかに日本が平和でハッピーでヤワな国だということの証左なのだろう。私は母国日本の敗戦に大喜びする韓国を応援する気にはならない。しかし在韓日本人の中には、心の底から韓国を熱心に応援する人も中にはいる。そういう人に理由を尋ねると決まって「日本を応援してくれる韓国人だっていますから」というような返事が返ってくる。皮肉無しに、きっといい人なんだろうな とは思う。と同時に、こういう日本人のお人好しぶりはどこか腹が立つ。「だから、韓国人になめられるんだ」と。

今回のW杯では、図太く、狡猾で、独善的ぐらいが丁度いいはずのFWの不甲斐なさが目立った。日本人のDNAに刻まれたお人好し遺伝子からして、FWというポジションは民族的に不適合なのだろう。いいFWを日本から輩出するのは、相当難しい気がする。


banner_02.gif
↑応援クリックをお願いします。

どうやら、W杯韓国予選敗退が決まったようだ。

朝の4時から、わざわざ韓国戦を見る気はさらさら無いので、寝てはいたが、案の定、朝5時ごろに騒音で一度起こされてしまった。

今日の午前中は水を打ったような静けさで、なんとなくだが、ニュースを見る前に「スイスに負けたな」ということが分かった。不思議と肌で感じるものである。

スイス戦敗退を受けての雰囲気だが、韓国らしいのが、「誤審!」「疑惑のオフサイド!」を異常に強調していることである。なんどもVTRで見たが、あれは全然オフサイドではない。むしろあれを正しくジャッジした主審を誉めるべきである。

まるで、審判のせいで負けたようなコメントも多かった。スイス戦とは違い、「明らかな誤審」でフランスに引き分けたことは忘れているのだろうか。

明らかな誤審の「連続」のおかげで、今だに自画自賛する前大会での「4強神話」(笑) を達成したとは、誰も思わないのだろうか。

もっとも、韓国内の「審判」というものに対する過敏さは、いかに審判が大事なものかを理解している証拠だろう。そして審判を巻き込めば・・・・、という思考回路を証明していると私は考えている。そして前大会では、何らかの審判対策が行われたと120%確信している。これは韓国で暮らし、韓国社会を肌で感じる者であれば誰でも感じることであろう。

韓国は日本とは違い、常に他のせいにするのが普通の社会である。自分の責任に対しては限りなく無責任な人が多い。そのことを再確認できた一日だった。

なにはともあれ、韓国のW杯狂奏曲が終了したことは、この上なく嬉しいことである。

banner_02.gif
↑応援クリックをお願いします。

[写真]今朝のスポーツ新聞の一面「ヒディングの魔法」


昨日のワールドカップ、日本VSオーストラリアは1-3で日本が敗れた。

監督の采配、審判の判定、などいろいろ疑問符が付いているようだが、とりあえず日本はマズイ試合をしたことは確かであろう。オーストラリアも確かに強かったと思う。

今回の日本戦に関しては、在韓日本人が集まって応援するようなイベントや一緒に観ましょうという誘いもあったのだが、最近とても忙しく疲れていたのでで自宅でゆっくりと観ていた。

試合中、近所はいつものような静寂を保っていたのだが、オーストラリアが同点ゴールを決めるとそこら中から歓喜の悲鳴が沸き起こった。みんな、自宅で、外で(韓国は外で飲んだりテレビ見たりするのが好き)、ワールドカップを観ていたようだ。いままでの静寂がウソのようにあちらこちらから「行け!オーストラリア!!」というような歓声が聞こえる。そして逆転ゴール!--------歓声のボルテージは最高潮に達した。「日本、ザマーミロ!!!」というような声もちらほら。そのボルテージは「狂喜」という言葉がピタリとくる。

我々の英雄ヒディングのチームが憎き日本を撃破!

多くの韓国人にとって相当愉快なことだっただろう。
上の階の住人達や外で酒を飲んでる奴らは深夜までその美酒に酔いしれていた。
というより、うるせーんだよ、てめーら。

今日は、韓国VSトーゴだ。
例の「テーハミング!」を、テレビで、ラジオで、街角で、最近は毎日1,000,000回ぐらい聞かされていてる。今日はそれがピークに達するだろう。

心の奥底からウンザリする。



banner_02.gif
↑応援クリックをお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。