上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・テヒが「これまでは芸能人としてプライベートな生活を楽しめなかった」と胸の内を告白した。

 キム・テヒは13日に放送されたMBC『セクションTV芸能通信』で「プライベートをもっと楽しみたい」と語った。

 キム・テヒはこの日の放送で、自らについて根拠のないデマが飛び交っていることに触れ、「今回の出来事で1つ分かったのは、これまで私は他人の視線を気にしすぎていたということです」と話した。

 そして「いつも噂が立つのではないかと怯えていて、親しい友達でも男性とは2人きりで会うのを避けてきました。スキャンダルが心配で(会おうと言われても)断ってきました」と語った。

 さらに「これまでいつも心配し、気を付けてきたのに、こんなにひどいデマが飛び出してしまいました。これからはプライベートを楽しんで、ステキな男性と十分お付き合いしてから結婚できればいい」と気持ちを新たにしていた。

朝鮮日報/STARNEWS
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/09/14/20060914000033.html


キム・テヒという女優をご存知だろうか。

韓国においては、最高学府ソウル大学出身ということもあり、極めて良質なイメージを有し、長きにわたり高い人気を保持している女優である。かつて独島キャンペーンをスイスで行い「反日女優」とのイメージをもたれている方もいるかもしれない。

今年に入り彼女は財閥(サムソン系新世界グループ)のプリンスと付き合っているという噂がまことしめやかに流されていた。というよりほぼ「事実」として韓国の世間で定着していた観があった。もちろん本当に付き合っているのかどうかはわからない。だが多くの韓国人は事実のように話し、多くの韓国人が事実としてインプットしていたことだけは確かである。

そんなキム・テヒが今月のはじめにインターネットで結婚説・妊娠説を流した11名を名誉毀損で起訴した。しかし引用記事にもあるテレビ番組『セクションTV芸能通信』で起訴を取り下げることを語ったらしい。

芸能人の噂をネットに流しただけの個人を特定し、起訴までしてしまうのが韓国社会の一つの特徴かもしれない。日本だと「フライデー」の○○社を訴える感覚だろうか。というのも韓国には日本のような大衆的週刊誌がほとんど無いといっても差支えがない。日本でよく見られるコンビ二で週刊誌を立ち読みするという現象は皆無である。ネットが噂の出所であり、ネットが週刊誌の役割を担い、ネット自身がソースであり、いつしかネットが世論を形成し、挙句の果てにはネットが大統領を決めてしまったりして大失敗したりもする。噂話が大好きな上に「客観・証拠・検証」を極めて軽視するので「火の無いところに煙が立つ」と言われる韓国社会には「ネット」という玩具は極めて親和性が高いということだろう。

ふと考えたのだが、結婚説・妊娠説がそんなにも名誉を毀損するものだろうか。日本では考えられない。やはり韓国においては「できちゃった結婚」というものは、かなり異端でアナーキーな行為であるからだろうか。

韓国においては、人気女優が「できちゃった結婚」というのは、女優生命を絶つにも等しい行為だといっていいし、まずありえない(今のところは・・・)。日本の人気女優が、当たり前のように「できちゃた結婚」をするのは、まったくもって理解できない、と私の周囲の韓国人は100%口を揃えていう。広末涼子の大ファンであったC君が、彼女のできちゃた結婚を知ったときの悲憤落胆した顔は今でも脳裏に焼きついている。海外において、日本人女性は性に開放的、すぐに身体をあずける、という固定観念が出来てしまったのは、アダルトビデオの影響のほかにも、このように余りに多すぎる芸能人・タレントの「できっちゃった婚」もあるのではないだろうか。

職業的・金銭的なアレとは別として、一般的に貞操観念について日本と比較すれば韓国は俄然保守傾向にあることは間違いない。韓国でも若年層は年々この傾向が薄まっていることが報じられたりもするが、それでもまだまだ保守傾向に変わりは無いと思われる。これは儒教的下地や熱心なキリスト教徒が多いことなどが起因するのであろうか。

もっとも日本がオープンになりすぎたのかもしれない。そして今でも低年齢化は進んでいるのだろうか。ゆとり教育というのはどんな日本人をつくりあげるのだろうか。非常に心配だ。一方の韓国では、ほとんどの高校生は気の毒になるぐらい早朝から深夜まで勉強している。勉強、勉強、また勉強・・・、大人はみな口を揃えて韓国の教育・社会のありかたは異常だ、間違っていると言いつつも、結局は子供には勉強ばかりやらせている。この閉塞的な社会ではそうするしかないのだ。一部の不良や援助交際なるものもあったようだが日本に比べたら極めて微少だ。私はソウルのど真ん中に住んでいて、韓国では都会中の都会といわれるエリアだが、近所を歩いているほとんどの女子高生は化粧気の化の字も無い。みな揃いも揃って黒髪ストレート、銀縁メガネ、スッピン、ひざ下まであるスカート・・・・垢抜けない姿で街を歩く女子高生らを私は長らく中学生だと思っていた。

幼年時から火蓋がきられる韓国の狂乱的受験大戦争。その頂点に君臨する「ソウル大学」出身キム・テヒの韓国においての高い付加価値のニュアンスはなかなかお伝えしにくい。日本に置き換えるならば、東大卒を売り物にしている日本のタレントの価値の何倍もあるというイメージだろうか。

古い世代の韓国人がキム・テヒを見て「韓国も変わった」と言った。昔は芸能人・タレントは、水商売に毛が生えた目で見られていたそうだ。言い方をきつくすれば「蔑視」ということになるだろう。時の権力者、財界の大物などが望めば身体を売る立場の女性だった。つまり超高級娼婦のような存在だったとのことだ。

韓国がわりと自由を謳歌できるようになったのは最近のことだ。強圧的な軍人政権の時代が終わったのがつい十数年前の出来事である。ソウル大を卒業したにも関わらず女優という職業に就き、さらにはスキャンダルについて、恋愛について、結婚について、オープンに語っている。古い人間が時代も変わったとつぶやくのも無理も無い。

今後も韓国社会は資本主義的発展に比例して、いろいろなことがオープンになっていくことは間違いないだろう。日本に対するタブーも何十年後にはオープンになっていて欲しいと願うのは楽観的過ぎるだろうか。


banner_02.gif
↑応援クリックをお願いします。
スポンサーサイト
韓国人は映画好きと言われている。
映画館はそこら中にあり、多くの人で賑わっている。
小難しいアプローチをすれば、国家戦略として映画産業の育成を掲げ、スクリーンクウォーター等で自国映画の保護をしたりと振興策を実施した結果、それなりの成果が出ているという言い方もできるだろう。
しかしながら、映画館が賑わいを見せている一番の理由は、単純に「他に娯楽が少ないから」であると断言しても差し支えないと思われる。

最近、韓国では映画館にドーンと大きく「韓半島」という映画の告知が掲げられている。この映画がどんな映画かは、下記の引用を読んでいただきたい。もちろん一部の韓国ウォッチャーの方にとっては、この映画の件はすでに把握済みのことであろう。

『韓半島』カン・ウソク監督、「反日色が強いのは個人的感情から」

『韓半島』カン・ウソク監督、「反日色が強いのは個人的感情から」
 
「反日的な表現は個人的な思いが大きく作用した」

 新作映画『韓半島(原題)』(製作:KnJエンターテインメント)を完成したカン・ウソク監督が、反日の要素が強い内容について直接説明した。

 カン・ウソク監督は26日午後、ソウル・鐘路(チョンノ)のソウル劇場で開かれた『韓半島』のマスコミ試写会および会見に参加し、「なぜこんなに反日的に描いたのかと思われるかもしれないが、個人的な思いが強く作用した」と説明した。

 『韓半島』は、韓国と北朝鮮の和解ムードが進み、韓国と北朝鮮を結ぶ京義線の開通を控えた未来の韓国が背景のフィクション。100年前の日本占領下時代に結ばれた条約を根拠に、和解ムードを阻止しようとする日本の陰謀に立ち向かう韓国大統領と歴史学者などの活躍を描いた作品。韓国と日本の対立という反日感情を全面に表現した作品として公開前から話題になっている。

 カン・ウソク監督は「日本人の政治的な妄言や不適切な表現は、いくら傷つけても大した抵抗はしてこないだろうという彼らの考えが現われている」、「映画監督ではあるが、個人的に(そんな日本を)映画の中でぎゃふんと言わせたかった。だから反日色が濃くなった」と語った。

 100億ウォン以上の製作費を掛けた韓国型ブロックバスター『韓半島』は、チョ・ジェヒョン、チャ・インピョ、アン・ソンギ、ムン・ソングン、カン・スヨン等の俳優の重厚感ある演技も注目されている。映画は7月13日に韓国公開予定。『スターニュース』

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2130651/detail

この反日色が強い映画は、北朝鮮のミサイル発射もあいまって、かなりタイムリーな映画であろう。ミサイルが発射され、政府や識者がいかに北朝鮮を非難していても、北朝鮮に否定的にはなれない一般の韓国人が多くいることを、この映画を見れば感じることが出来るかも知れない。

まあ、韓国で反日映画が作られようとも、大ヒットになろうとも、別にどうでもいい話なのだが、反日映画に出演した俳優が平然と日本で稼いでいるのはどういうことか。


チャ・インピョ「『韓半島』は韓国人俳優なら誰でも出たい映画」…日本人記者の質問に一矢

 チャ・インピョは堂々としていた。

 今月2日、東京で開いた大規模なファンミーティング。中年女性を中心に1200人余りが集まるなかで行われたチャ・インピョ初の日本公式イベント。しかしこの意義深いイベントは「克日」を叫ぶ映画『韓半島』公開を控え、妙な雰囲気に包まれていた。

 チャ・インピョが直接語ったところによると、ファンミーティングを主催したケーブルテレビは、事前告知文で記者たちに映画に関する質問をしないよう依頼した。しかし、会見の途中でNHK記者が突然質問した。「なぜ『韓半島』のような映画に出演することになったのですか?」。チャ・インピョは堂々と普段からの考えを語った。「映画には根本的に南北統一に関する話題が盛り込まれています。シナリオを見た韓国人俳優なら、誰でも出演せずにはいられなかったでしょう」。

 質問した記者はこれにひるみ、あとは『韓半島』に関する質問は出なかった。チャ・インピョが好きでやって来た熱血ファンも、映画についてはさほど関心を示さなかったとのこと。慈善家で意識の高い行動から韓国で「正しい生活の男」と呼ばれているチャ・インピョは、日本でもよく知られている。

 「主催者側が韓国の記事を検索したのか、私を“正しい生活の男”と紹介していましたよ」と恥ずかしそうに語ったチャ・インピョ。「会見の時も“正しく行動するために困ることはないか?”という質問が出て慌てた」と笑った。

 チャ・インピョは「『韓半島』を撮影する時は、二度と日本に行かないと誓いました。しかし時間が経つにつれ、冷静さを取り戻しました」と真摯な表情になった。そして10年前のドラマ『星に願いを』で僕を覚えていてくれる日本人ファンがこんなに多いとは思いませんでした。ずっと韓流ブームが続くためにも、ぜひいいドラマに出演したいです」と責任感を見せた。 『スポーツ朝鮮』

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/07/07/20060707000002.html

このチャ・インピョなる人物は、「『韓半島』を撮影する時は、二度と日本に行かないと誓いました。」とぬけぬけと発言している。
だったら日本に来ないで欲しい。
というより、「絶対来るな!」と声を大にして叫びたい。

先ほども述べたが、韓国で反日映画を作るのは一向に構わない。どうぞご自由に、である。しかし、その出演者が、ぬけぬけと日本に来て荒稼ぎをしている。このチャ・インピョをはじめ、きっと韓国俳優にはプライドが無いのだろう。いや、これは韓国人全体に見られる傾向なので、韓国俳優ばかりを責めるわけにはいかないか。

日本からこのような人物を呼ぶ方も呼ぶ方である。そして、このような人物に会いに行く方も行く方である。日本は本当に平和な国だ。痴呆な国ともいえる。チャ・インピョなる人物のファンミーティングとやらに駆けつけた大部分が、日本人でないことを祈るばかりであるが、どうだろうか。


banner_02.gif
↑応援クリックをお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。